業者に依頼が賢明

個人でハクビシンを駆除するには許可が必要

ハクビシンはフェレットに似ていますが、ペットではありません。逃げ出したペットと勘違いされやすいですが、もともとその場所に生息する野生の生物です。ハクビシンは近年、生ごみをあさったりベランダや庭に糞をまき散らすといった行為のせいで害獣として注目されています。すぐにでも駆除したいところですが、ハクビシンは外来種なのか在来種なのか正確にわかっていないため、鳥獣保護法によって保護され捕獲が禁止されています。ですから、やみくもに駆除してはいけないのです。ハクビシンを捕獲する場合は保健所などに申請する必要が出てきますので、専門の業者に依頼する方が賢明です。業者に駆除を依頼するまでもない方は、通り道や抜け穴などを塞ぐことで臭いや糞害の対策をしましょう。

家に近づけないことが一番の対策

ハクビシンは鳥獣保護法によって保護されているわけですから、勝手に駆除するわけにいきません。しかし、臭いや糞害を我慢するわけにもいきませんので、ハクビシンによる害を減らす対策を練る必要があります。農家の方や家庭菜園を楽しまれている方であれば、作物に近づくことができないような対策を練ることが大事です。また、すべての家庭に言えることはゴミを外に放置しないことです。ゴミは家の中に置くかポリバケツなどで厳重に管理しましょう。ハクビシンが休めるような場所を作らないことも大切です。もし庭先や家の周りが草で茂っている場合、すぐに草刈りをしましょう。そこを寝床にする可能性があります。また、縁の下や通気口などに穴が開いている場合はすぐに塞いぎましょう。このように、ハクビシンによる害を減らすためには侵入経路を塞ぐなどの対策を練り、そもそも敷地内に入れないということが大事になってきます。